各種不動産鑑定評価基準・用語集

固定資産評価基準

固定資産評価基準は総務省の管轄で、ほぼ3年1回、大きな改正があります。
現在、用いられている基準は平成21基準年度用のものです。
この基準は既に50年以上前から改訂されてきており、生産緑地地区内の宅地の評価、大規模工場用地の評価など時代に即応した基準となっています。

当社では、早くから固定資産税の標準宅地の評価を担当しており、地価公示標準地、地価調査基準地等とのバランスのとれた評価に努めています。