よくあるご質問

「不動産鑑定」と「不動産調査」の違いって何ですか?
「不動産鑑定」とは不動産鑑定士が対象不動産を鑑定評価することをいいます。
唯一、国家資格者である不動産鑑定士のみが行えるもので、不動産の鑑定評価に関する法律に則り、対象不動産の適正価格を求めており、説得力と責任を伴います。
「不動産調査」とは、不動産鑑定に準じた方法で対象不動産を評価することをいい、価格の根拠や説明等は省いております。「不動産鑑定」を簡易にしたものと考えていただければわかりやすいと思います。「不動産鑑定評価書」までは必要としない場合、費用を抑えたい場合、早急に価格を知りたい場合などは、「不動産調査報告書」等をお考えいただければと思います。
鑑定をするのに、どのような資料が必要ですか?
具体的には以下のような資料が必要になります。

  • 対象不動産が特定できるもの(地図、請負契約書、売買契約書、登記簿謄本など)・固定資産評価証明書(又は納税通知書)
  • 賃貸借契約書
  • 維持管理費、修繕費の明細、その他管理規約、修繕実績、修繕計画など
  • 建物図面(建物の間取りなどが分かるもの)
  • 建築確認時の資料(建築時に官庁に申請した書類など)

上記のものが必ずしも手元になくても、心配はいりません。
当事務所で必要な資料を補い、万全な鑑定評価を行います。

見積書は発行してもらえますか?
発行致します。郵送・メール・FAX等にて対応致しますので、お気軽にお申し付け下さい。
カードでの支払いは可能ですか?
カードでのお支払いには対応しておりません。
評価する不動産が遠方の場合はどうなりますか?
業務対応地域は全国です。どこでも、お引き受けいたします。
依頼したことを他の人に知られたくないのですが、大丈夫ですか?
ご安心ください。
不動産鑑定士には、法的に守秘義務規定が課されていますので、業務上知りえた秘密を他に漏らすことは許されません。
不動産業者の相場と鑑定評価とは、どこが違いますか?

不動産業者の教えてくれる価格は「取引相場」であり、購入したい人には「高め」に、売却したい人には「安め」に言う場合が多いです。したがって、必ずしも、中立な立場でジャッジされるものとは限りません。不動産鑑定評価によって求められる価格は、取引のみならず、不動産の価格を費用性、市場性及び収益性等から、アプローチし、不動産の本質的な価格を客観的にジャッジし、不動産鑑定評価書として、内容を説明した書類で提出いたします。

税理士さんが教えてくれる路線価の価格とどこが違いますか?
相続路線価は、主として相続税・贈与税申告の際に土地評価額算定で用いられる1平方メートル当たりの単価です。実際には該当する路線価に土地の形状、間口、奥行等を勘案して「画地調整」を施し、面積を掛けて総額を算出します。
相続路線価は基本的に地価公示価格の8割水準と規定され、いわゆる「時価」よりは安くなるようになっています。しかしながら、道路の状況が異なっても、道路幅員が違っても同一の路線価が敷設されていることも少なくなく、また一部の地域では「時価」との逆転現象が指摘されるなど「精度」は粗いものとなっています。
通常の鑑定評価と調査報告の違いは?
どちらも価格(賃料)決定過程を記述の上、不動産の価格を決定する書類です。
通常の鑑定評価に比べ調査報告は必要最低限の記述に留め、また付属書類の添付も少なくなることをご了承ください。
ページ数で通常の鑑定評価書は20~30ページ、調査報告書は10~15ページ程度です
紹介したお客様に評価書の内容を説明してもらえますか?
通常の鑑定評価は、事前の価格内示の際お客様に直接お会いし、価格の決定過程をご説明致します。但し、お客様が遠方の場合は文書にてご説明させていただくこともありますのでご了承ください。なお、調査報告は原則としてこのサービスは割愛させていただきます。