事業内容

賃貸等不動産

ec13

平成20年11月に「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準及び賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準の適用指針」が公表されました。これにより今後は賃貸等不動産については、財務諸表に時価の注記を行う必要があります。なお、平成22年3月31以後に終了する事業年度からこの基準が適用されます。賃貸等不動産(投資不動産、遊休不動産、賃貸不動産)について不動産鑑定評価、価格等調査を行い、注記する時価等を算定いたします。また、個別の賃貸等不動産の重要性の有無の判断のサポートを行います。客観性を確保するためには、外部の評価機関による時価評価が求められます。

ご相談、ご依頼はお気軽にどうぞ

ネットからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ (TEL: 03-5408-9011)