事業内容

担保評価

ec01

弊社の担保評価は、常に時代の変化に伴う不動産の価格形成要因の変動分析を行い、最新の鑑定評価手法を駆使して金融機関のニーズに的確に応えます。また、大量一括案件、納期の短い案件等柔軟に対応いたします。

一般の鑑定評価のみならず、簡易鑑定評価、簡易査定、机上評価、意見書等、目的に応じた様式を提供致します。境界の不明確な大規模地(大工場、ゴルフ場、リゾート施設等)や、法的規制の強い土地(風致地区、伝建地区、史跡、名勝等)や建築制限があり市場性の極端に劣る不動産等、特殊な不動産も対応可能です。金融検査マニュアルによれば担保評価額は、客観的、合理的な評価方法で算出した評価額(時価)を求めることとされています。特に担保評価額が高額な場合、また特殊な物件(ゴルフ場、野球場、マリーナ、サーキット場等)等合理的・客観的に担保評価額を求めることが困難な場合には必要に応じて鑑定評価を実施することが望ましいとされており、不動産鑑定評価による担保価値の把握が尊重されています。最新の検査マニュアルに基づき現況に基づく評価を原則とし、現地確認とともに権利関係の態様・法令上の制限を調査の上で評価を行います。土壌汚染、アスベスト等の環境条件にも留意します。

一般の鑑定評価以外の担保評価周辺業務の例

  • 相続税路線が付設されていない地域において、自己査定する際の基準価格とするために行う、基準地点の評価業務
  • 金融機関に代わって、路線価及び地価公示価格等を利用した合理的な評価手法による調査・意見業務
  • 過日に提出した鑑定評価書に対する時点修正業務
  • 債権保全上必要な場合に鑑定評価額に対して行う、所要の修正に対する意見業務
  • 土壌汚染が不動産価格に影響する程度に関する意見業務
  • 金融機関自身で収益価格を求める際の賃料水準査定業務

ご相談、ご依頼はお気軽にどうぞ

ネットからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ (TEL: 03-5408-9011)