事業内容

交換

PPP_mikadukihotel500-thumb-500x750-402

交換する不動産の価額の開差が2割を超えていないかの判断,及び交換差金の額の算定に時価が必要です。また,不動産を交換をしたが、含み損があるため交換の特例を適用しない、また、交換の特例の適用要件を満たさないため,交換の特例が適用できない場合等も不動産の譲渡価額をいくらで申告するかの判断に時価が必要です。

ご相談、ご依頼はお気軽にどうぞ

ネットからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ (TEL: 03-5408-9011)